ravinyaです。

言わずと知れた洋食の定番、ナポリタン。実は私はナポリタン大好きでして、これをどうしても山で作ってみたい!と思い、まずは自宅でトライしてみました。
結果として少々失敗してしまったのですが、この反省を皆様にも活かしてもらえればと思い、ご紹介したいと思います!

 

「ナポリタン」 レシピ
********************************

 

ナポリタンの材料
<材料 (約1人分)>
1.トマトジュース…200cc
2.パスタ(早ゆでタイプ)…100g
3.コンソメ顆粒…小さじ1
4.たまねぎ、ピーマン、ソーセージ等お好みの具材
5.(写ってませんが)水…適量
※ケチャップも写ってますが、結果的に使いませんでした。
 


<作り方>

山メシ コッヘルにバター

1.大きめのコッヘルにバターを入れ、火にかけます。
 
 

コッヘルで炒め物
2.野菜をざっと炒め、だいたい火が通ったら一度出します。
 
 

コッヘルでパスタ
3.トマトジュースとコンソメ顆粒をコッヘルに入れて、パスタを入れ、火にかけます。(実際は、自宅で予めトマトジュースをペットボトルに入れて、コンソメ顆粒も混ぜた状態で持っていくと良いと思います!)
 

ここで失敗その1。
パスタに対してコッヘルが小さすぎ、トマトジュースに浸からなかった部分が焦げました。
 
 

コッヘルに入ったパスタ
4.なんとなくパスタがしなっとしてきました。
 

ここで失敗×2。
1つ目は、かき混ぜが足りずに鍋底のパスタが少し焦げました。休みなくせっせとかき混ぜないと、あっという間に焦げます。
2つ目は、パスタが想像以上にトマトジュースを吸ってあっという間に水気がなくなってしまい、途中で水を足しました。(材料写真に水が無いのはこれが私の予想を超えた展開だったからです・・・。)少しずつ水を足して、適当な柔らかさになるように調整しましょう!水気がなくなったからとあわてて水を入れすぎると、今度はゆですぎて伸びたパスタになります。。。
 
 

コッヘルでナポリタン
5.パスタがちょうど良い柔らかさになったら、2の具材を戻して水気がなくなるまでかき混ぜます。
 
 

山メシ ナポリタン完成
お好みで粉チーズをかけて、完成です!
 
 

4のとおり、水分量の調節がとても難しかったです。今回は、少し伸びてしまいました。
でも、しっかりナポリタンのお味で美味しかったです☆他のレシピでは、無塩のトマトジュースで煮て最後にケチャップで味付けるレシピもありました。ケチャップとコンソメはどちらかだけで大丈夫なので、お好きな方で作ってみていただければと思います!
 

きっと、山で食べたらもっと美味しいんだろうな~。
今度は絶対山で作ります!

 
 
■その他の山・キャンプごはんレシピはこちら→http://ravina-blog.jp/category/outdoor/recipe/
■ravina トップページはこちら→http://ravina.bz/

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。 2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。2016年に登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳です。2017年は表銀座に行きたい! twitterの山ガール部(@ravina_yamagirl )の中の人。