今年の夏は、とても暑い日が続いていますが、みなさんアウトドアを楽しんでいますか。

ravina「登山食&山ご飯レシピ」担当のraviNeです。
今日は、簡単5分、お子さんでも作れちゃう、行動食としても便利なレシピのご紹介です。

みなさん良かったら、作ってみて感想をお聞かせくださいね☆

 

 「揚げないヘルシーかぼちゃコロッケ風」レシピのご紹介
********************************

Non-fry-korokke (C)Photo by raviNe


<材料 (約2人分)>
1.かぼちゃフレーク…約30~50g
2.お湯(ぬるま湯 60度ほど)または、お水…約50cc-100cc ※適量
3.クラッカー…2~4枚 ※適量

 

<作り方>
1.
かぼちゃフレークを用意します。
フレークが無い方はかぼちゃでもOK。
※フレークは、ゆでて裏ごしし、 乾燥させたものです。

今回私は、株式会社大望さんの北海道産のかぼちゃを100%使用している
「かぼちゃフレーク」を使用させていただきました。

 ※参考)野菜フレーク大望 http://www.taimou.net/

2.ビニール袋にフレークを入れ、お湯(ぬるま湯)やお水を少量ずつ入れます。
※フレークがお団子にできる柔らかさまで

3.お団子ができる柔らかさになったら、袋から取り出し、
1口大の大きさのお団子を作り、しばらく置いて休ませます。

4.クラッカーを用意しビニール袋に入れ、クラッカーを砕きます。
(コロッケのころもにします)

5.作って置いたお団子を、クラッカーを砕いた袋に入れて、
ころもをつけて、完成です!

 


登山食&山ご飯レシピは、いかがでしたか?

手軽で、簡単そして荷物も軽く、長期間の行程でも扱いやすい材料で、
登山が楽しくなるレシピを研究中です。よかったら作ってみてくださいね!

cookpadさまでも、公開中。
よろしければこちらからもご覧いただけます。
http://cookpad.com/recipe/3964731

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

ravina事業グループの通称raviNe(ラヴィ姉)です。
年がちょっと!?上なので姉ですが、登山はまだ初心者です(ダイビング歴は約10年程)。江戸時代から続いていた老舗旅館に産まれ、日本一高い富士山の麓と駿河湾の自然環境に恵まれて育ちました。初心者の登山女性向けに、初めてでも楽しめるアウトドアを実体験を交えつつお伝えできればと思います。食べることが大好きなので、自称 登山食&山ごはん研究家を目指しています!