【登山データ】
鴨沢登山口~三峯神社 縦走 1泊2日

コースタイム:10時間00分[1日目約5時間30分/2日目:約4時間30分(休憩含まず)]

総歩行距離:20.2km 標高差:登り1,467m/下り977m

【山情報】

雲取山(くもとりやま) 標高2,017.09m

東京都・埼玉県・山梨県の境界にある山です。日本百名山にも選ばれていて、東京都では最も高い山としても有名です。

【トイレの場所】
奥多摩駅、鴨沢、七ッ石小屋、奥多摩小屋、雲取山避難小屋、雲取山荘、白岩小屋、霧藻ヶ峰休憩所、三峯神社 等

 

【1日目のコースタイムイメージ】

9:30鴨沢(トイレ休憩)→10:00登山道入口→11:45堂所(小休憩)12:00→13:00七ッ石小屋(昼休憩 40分) 13:40→14:30ブナ坂→15:30奥多摩小屋着・テント設営

 

鴨沢からのコースは、それほど傾斜がキツイ箇所は多くないものの、序盤は杉林で展望がなく距離が長いです。残雪期には雪の残るところもありますが、日当たりのよい場所が多く日中歩くには凍結のない場合が多いです。

 

6:46 新宿発のホリデー快速おくたま1号にて、8:21 JR奥多摩駅へ到着。

8:35発 丹波行きの西東京バスに乗り、9:09 鴨沢で下車。バス停のすぐ目の前に登山口となる屋根付きの休憩スペースとトイレ(水洗でキレイです!)があります。

駐車場もありますが、それほど広くはないので週末は停められないかもしれません。

雲取山鴨沢登山口

ここで身支度を整え、いざ出発!

 

雲取山ルート案内看板

ポイントごとに道案内の看板も立っています。

 

七ツ石小屋
七ツ石小屋は2016年3月末をもって営業を終了し、無人の避難小屋となりました。

 

雲取山ルート案内と稜線の景色

序盤は杉の多い林で展望はほとんどありませんが、ブナ坂からは先は開けて広々とした気持ちの良い稜線を歩くことが出来ます。

 

奥多摩小屋
奥多摩小屋は管理人の方が常駐していて、小屋泊も出来ます。
http://kumotorisansou.com/koya.htm

 

 

 

【2日目のコースタイムイメージ】

5:00起床→朝食&テント撤収&出発準備→6:30奥多摩小屋出発→7:30雲取山頂→8:00雲取山荘→8:30大ダワ→白岩山経由→10:00白岩小屋→11:30霧藻ヶ峰(昼休憩60分)12:30→13:10炭焼平→13:45三峯神社着→14:00~15:30興雲閣三峯神の湯→15:45三峯神社バス停発→17:00西武秩父駅

 

三峰ルートは標高差は少ないもののアップダウンが多く、また、狭い道や雪があれば凍結した場所もありますので、鴨沢からのルートよりも疲労感があります。

コースタイムは短いので、日帰りをする際にはこちらからのコースが一般的ですが、初心者の方は無理せず雲取山荘などで一泊されることをおすすめします。

 

雲取山稜線の景色
奥多摩小屋から雲取山頂まではグイグイ登ります。景色も綺麗です。

 

雲取避難小屋への道
雲取山頂手前の雲取避難小屋までの道のり。ひたすら登ります。

 

雲取避難小屋を超えると山頂はすぐ

ゴール!!

雲取山頂はさすが東京都で一番高い山だけあって360度見渡せる素晴らしい景色です。富士山をはじめ、丹沢、南アルプス、三国山脈から日光まで望むことができます。ゆっくり堪能しましょう!

 

 

雲取山の残雪
しばし山頂を堪能したら下りに入ります。ここから先は秋~春は雪も多くあります。必ずアイゼンを携帯し、状況に応じて使用してください。

 

雲取山荘
山頂から20分ほどで雲取山荘に到着。トイレ休憩したり、コーラを買ったり。

 

雲取山ポイント案内看板

ここから先もポイントごとに案内表示がありますので、迷わず行けます。アップダウンの連続ですので、自分に合ったペースで進んでください。

 

芋ノ木ドッケの凍結
芋ノ木ドッケからの区間は秋~春まで凍結することが多く、登山道も狭いため滑落の危険があります。

 

秩父宮記念碑
霧藻ヶ峰を過ぎ、秩父宮記念碑を過ぎると、道も緩やかな下りが続くようになります。

 

炭焼平

炭焼平を過ぎて少し行くと

 

三峯神社奥宮入り口の鳥居
三峯神社奥宮入り口の鳥居が見えたら、ゴールはすぐそこ!!

 

三峯神社が登山のゴール

ゴール!!お疲れ様でした。

 

※表記している交通機関の運行時刻などは、2016年4月現在時点のものです。

変更されている場合もありますので、お出かけの際は必ず最新の運行時刻を確認してください。

 
 
 
■ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら→http://ravina-blog.jp/category/outdoor/outdoor-report/
■ravina トップページはこちら→http://ravina.bz/

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。 2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。2016年に登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳です。2017年は表銀座に行きたい! twitterの山ガール部(@ravina_yamagirl )の中の人。