【登山データ】

2016年7月10日

滝沢登山口~駒の小屋~会津駒ヶ岳山頂~中門岳往復 日帰り

コースタイム:6時間10分

総歩行距離:12.8km 標高差:登り1026m/下り1026m

 

 

【山情報】

会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)標高2,133m

福島県南会津郡檜枝岐村にある山です。

日本百名山の一つで、頂上~稜線が高層湿原になっていて池塘や高山植物が多いことで有名です。

 

【トイレの場所】

駒ヶ岳登山口、駒の小屋

 

【コースタイムイメージ】
以下リンクよりご覧ください!(ヤマレコ)

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-916025.html

 

 

会津駒ヶ岳は、近くに高速道路などがなく場所が遠いことと、標準コースタイムが山頂までで往復約7時間(駐車場所によっては1時間くらい短縮可)、中門岳までいくと+1時間40分掛かるので、時間に余裕を持って登ることをおススメします。というか、本当にキレイなので中門岳まで行ってゆっくりしないともったいない!!と思いました。

駒の小屋も事前に予約が必要ですが、とても良い雰囲気の山小屋だったので、1泊してゆっくり歩くのも良いと思います♪(駒の小屋は素泊まりのみですが、カップ麺などは販売されていました。)

 

それから、ふもとの檜枝岐村もとても良いところなので、下山後も温泉やご飯など是非ゆっくりして欲しいです。

個人的な話ですが、実は私は檜枝岐村のお隣の地区に祖母の家があり、小さい頃から年2回は奥会津に行っていたのでとても親しみがあります。これぞ古き良き日本のふるさと!という情緒にあふれていて、本当に癒される場所なんです!私の中では、井上陽水氏の名曲「少年時代」は、奥会津の風景に脳内変換されております。

 

奥会津の風景 奥会津の風景ととんぼ

 
 
 
■ravinaメンバーによるその他の登山レポートはこちら→http://ravina-blog.jp/category/outdoor/outdoor-report/
■ravina トップページはこちら→http://ravina.bz/
 

ravinya(らびーにゃ)です。ブランド名の『ravina』と今をときめくお猫様にあやかって、ravinyaと名乗らせていただいてます。
2015年のGWに山デビュー。以来、月1~2回の登山とジョギング・ボルダリング等で徐々に体力向上中。2016年に登って良かった山は、宮之浦岳、会津駒ヶ岳、白馬岳です。2017年の目標、表銀座縦走行って来ました!
twitterの山ガール部(@ravina_yamagirl )の中の人。