FLUQUE is chosen “BEST 100” of Good Design Award 2016!

2016.10.21

Japan Institute of Design Promotion gave FLUQUE, a mountaineering helmet for women, Good Design Award and Good Design Be…

続きを読む

登山用ヘルメットの始まり

2016.08.03

記録に残る限り、山の世界にヘルメットが登場したのは、1958年8月のことでした。舞台は、かのアイガー北壁(the North Face)。アイガー (Eiger、標高3,970m) は、スイスを代表する山です。 オーストリアというかウィーン…

続きを読む

登山用ヘルメットの安全規格について

2016.05.10

  現在、日本国内では、建設現場で働く方などがかぶる工事用ヘルメットや乗車用ヘルメット(バイク用)などに関しては決められた安全規格があり、それに適合してないものは販売できません。しかし、登山用ヘルメットに関しては、「○○に適合して…

続きを読む

登山用ヘルメットはなぜ必要なのか?

2016.04.20

  登山用ヘルメットというと、大げさな感じがしたり、すごく難易度の高い山に行く人が持っていくもの。というイメージはないでしょうか。  その一方で、ハイキング程度の山に出かけても、転びそうになってヒヤッとしたり、岩や木の下を潜ろうと…

続きを読む

房総のマッターホルン、伊予ヶ岳

2016.04.20

【登山データ】 登山口(平群天神社)~伊予ヶ岳山頂~登山口(平群天神社) コースタイム:往復2時間ちょうど。大人だけだったら1時間半かも。 総歩数:5800歩、歩行距離:3.8km 標高差:約200m 【アクセス】 登山口である平群天神社(…

続きを読む

伊予ヶ岳を小学生の娘2人連れて登ったぞ!

2016.04.20

日時:2016年3月27日(日) スギ花粉症の私、新岡(にいおか)にはつらい季節ではあるが、マスクをつけて伊予ヶ岳を小学生の娘たち2人(小6と小4)を連れて登ってきた。高速道路も混んでなく、スムースに登山口に着く。 標高が336.6メートル…

続きを読む